予約ご希望の患者さんは下記にご連絡ください
03-3203-5331

心療内科

心療内科とは

心療内科のイメージ写真

心療内科は、言葉の通りこころに由来した内科の疾患を扱う科目で、ストレス社会と呼ばれる近年はますます増えつつあり、プライマリ医療の究極と言っても過言ではありません。
ストレスが原因で動悸、めまい、下痢、腹痛、過呼吸、手足の震えなどの症状が現れる事があります。
一方、患者自身に頑固・温厚・几帳面な性格などによって対人障害などを来たす場合もありますが、近年は高齢者の増加に伴う認知症も注目されております。

医療の知識を持たない患者さんは整形外科、神経内科、循環器内科、消化器内科などを転々と受診し、様々な検査と治療を受けて「異常がない」と言われ、受けるべき正しい加療を諦める事が少なくありません。

また、ご家族、同僚、医師の紹介などで心療内科を訪ねる場合も少なくありませんが、ご本人が何らかの事情等によって来院か難しい場合にはご家族、同僚、上司などが代理で相談される事も現行の医療制度では認められております。

疾病の背景にあるストレスや環境を把握する事からその原因や対策などを患者さんと一緒に見つけ出して行く作業を通じて私達の治療が始まります。

従来はうつ病や不眠症、不安障害といった、いわゆる「こころの疾患」は精神科の領域とされていましたが、こころの病のみならず、こころの病をきっかけにして、からだに症状が見られる患者さんも対象にしているのが心療内科になります。

そのため、からだの病気を心身両面からアプローチしながら的確な治療をして参ります。
しかし、が、いわゆる治りにくい「こころの疾患」と判断された場合には入院設備を持った近隣の専門の医療機関とも連携をして診療を行います。

こんな症状のある方はご受診ください。

  • 気分が沈んで、何もする気が起きない。
  • 気分のひどく高ぶった状態が続き、他人からそれを指摘される。
  • 部署の異動があってから欠勤や遅刻が多くなり、仕事の能率も低下した。
  • 突然激しい動悸に襲われ、「死んでしまうのではないか」と思う。
  • 人前に立つと、ひどく緊張する。
  • ものの名前が思い出せないことが頻繁にある。
  • 内科で検査を受けても異常は認められないが、頭痛、動悸、腹痛などの症状がある。
  • 下痢や便秘に悩まされるが、消化器には異常が見あたらない。
  • 生理前になるとイライラし、気分が沈んでしまう。
  • ガス栓や鍵を閉めたか気になって仕方なく、何度も確認してしまう。
  • 気が散りやすく、じっとしていられない。
  • 周囲の方から受診を勧められる。
  • 眠れない為に集中力が低下し、仕事のミスが多くなっている。

心療内科で扱う主な疾患

  • 心身症、摂食障害、パニック障害、対人障害、うつ状態、睡眠障害、認知障害
  • 自律神経失調症、過敏性腸症候群、慢性疼痛・慢性疲労症候群、起立性調節障害
  • 頭痛、書痙・斜頸、漠然とした不安や緊張、など

心身症

体の症状は認められるのですが、その症状が起きる原因として心理的要因が大きく関与している場合は、心身症と診断されます。
ただ、体の疾患というのは、多かれ少なかれ心理的要因による影響を受けるものですが、身体疾患の中でも、心理的要因の影響が大きいものを心身症と呼びます。
要するに「ストレスで生じる体の病気」ということになります。

心身症になりやすい疾患および症状には、動悸、神経性胃炎、過敏性腸症候群、生理不順、高血圧、気管支炎、喘息、じんましん、頭痛、肩こりのほか、痛みや吐きけ、痺れの症状を訴えるも、検査をしても異常の出ない症状などがあります。

心身症の治療では、まず身体的な症状に対する適切な治療を行いながら、原因を見つけて取り除いていく事でこころと体の症状を和らげる、あるいは軽減することが大切です。

出来る限り薬物療法のみに頼るのではなく、患者さんの背景を正確に理解したうえで、カウンセリングを中心とした緻密な治療方針を共に見つけ出すことを目指しております。

自律神経失調症

自律神経のバランスを崩す病気であり、症状を訴えているにも関わらず、検査をしても異常が見つからず、病気を特定できない場合にひとくくりに用いられることもあります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立っており、呼吸をはじめ、体温、血管、内臓などの動きをコントロールしています。
これが、心身のストレスや不規則な生活、環境の変化などが原因でバランスを崩し、慢性疲労やめまい、のぼせ、冷え性、頭痛、耳鳴り、吐き気といった様々な症状を起こすようになります。
とくに女性の場合は、妊娠中や更年期に自律神経の失調を起こしやすいと言われていましたが、昨今は男性の更年期障害も注目されるようになりました。

治療は症状に応じて抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法のほか、理学療法(温熱療法やマッサージなど)も併せて行うことで症状を和らげる事が主流になっておりますが、薬をもらうだけの医療は行いません。
謙虚に耳を傾け、心理療法(カウンセリング)や認知行動療法などでストレスから解放される為の生活の知恵やコツなどを指導する事によって、苦しみからの早期解放をお伝いさせて頂きます。

男性更年期障害

男性更年期障害は、加齢による男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こり、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれます。
主な症状としては、動悸、頭痛、発汗、ほてり、のぼせ、手足の痺れ、倦怠感、無気力、不眠、うつ、勃起障害をはじめとする性機能障害など、多様に現れてきます。

男性更年期障害の診断については、主に問診と血液検査(テストステロン濃度の測定)で行います。
治療法としては、減少した男性ホルモンを注射で補充する「男性ホルモン補充療法」が一般的です。
しかし、精神的なストレスが大きく影響しているような場合には、ストレスに対抗するための薬が処方されることもあります。

不眠症

不眠症とは、睡眠を取りたいと思っているのにも関わらず充分な睡眠が得られないために、日中の疲労、集中力や気力の低下などが起きる状態のことをいいます。
ストレス社会と言われる現代社会において、快適な睡眠を取ることが日常の勉学や仕事を効率よく進めるために大切です。
そのため、患者さんの生活状況を正しく把握出来なければ漠然と眠剤中毒の患者さんを増やすことなりますので、不眠がもたらす生活への影響の可能性の有無なども加味しながら治療方針を決定することが大切です。
昨今はパソコンなどのディスプレイを使った長時間の作業等による昼夜逆転、不眠がもたらす身体や心への影響なども話題になっています。
肩がこる、首から肩、腕が痛む、だるいなどの症状が起こり、慢性的になると、背中の痛み、手指のしびれなど様々な疾患に進展して行きます。
不眠によってイライラや不安感が増えたり、抑うつ状態になって悪循環に陥る事も指摘されています。
不眠でお困りの方はご自身の睡眠のタイプや背景を理解する事が治療の第一歩なのでご遠慮なく相談して下さい。

東新宿駅前クリニック
●中澤院長による診療
●高橋理事長による診療
休診日:日・祝
※2019年より平日の最終受付時間は18:30となります。
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00
診療科目
泌尿器科 腎臓内科 性感染症内科 心療内科 婦人科
TEL
03-3203-5331
住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿7-27-12
コンフォリア東新宿ステーションフロント2F
アクセス
  • 東京メトロ副都心線
  • 都営大江戸線「東新宿」駅 B2出口 右手すぐ
  • JR「新大久保」駅 徒歩 10分
    「大久保」駅 北口 徒歩10分
    「新宿」駅 徒歩15分
  • 西武新宿線「西武新宿」駅 徒歩 10分
医院概要について印刷はこちら
このページの上へ