予約ご希望の患者さんは下記にご連絡ください
03-3203-5331

婦人科

婦人科とは

婦人科のイメージ写真

婦人科では、女性特有の症状を診療します。主に月経不順、不正出血、下腹部痛、おりものの異常などの症状を対象としていますが、肩こりや貧血といった症状についても、実は女性ホルモンのバランス崩れによって起きることもあり、それが心身の状態に大きな影響を及ぼすことがあります。女性の体はとても複雑かつ繊細微妙ですので、体の不調を感じたらまずは婦人科をご受診ください。

月経異常

月経異常とは、正常な月経とは異なる(月経の周期、月経持続日数、月経血の量、月経に伴う不快症状が強く出て日常生活に支障をきたすなど)状態が月経異常です。主な症状には、月経痛をはじめ、月経前緊張症(PMS)などがあります。
異常かどうかの判断は自己では困難ですので、違和感の覚え、あるいは「変だな」と感じたときは、遠慮なくご相談ください。

不正出血

不正出血とは、生理時以外に出血が認められる場合を言います。
なお、不正出血には2つの原因(機能性子宮出血、器質性子宮出血)があります。
機能性子宮出血は、排卵していなかったり(無排卵性出血)、排卵するのに時間がかかってしまったりする(遅延排卵)場合など、排卵に異常があった場合によく起こります。
このような場合は、ホルモン剤などで出血を速やかに止め、排卵を再開させる根本的な治療が必要になります。

器質性子宮出血は、子宮の腫瘍や炎症(子宮がん、子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、クラジミアなど)となる病気が原因による不正出血になります。

これらの病気である場合は、早期発見、早期治療が大切ですので、不正出血の症状がみられたら、速やかに受診するようにしてください。

おりものの異常

おりものとは、女性生殖器から体外へ排出された分泌物です。
これは生理現象の一つであり、女性ホルモンが正常に働いている証拠で正常なおりものは無色透明からクリーム色でほぼ無臭です。
しかし、この色や臭いが普通と異なり、月経時のような血が混じっている、量の多いおりものが続く、外陰部に痒みや熱感、ただれ、痛み、悪臭がある場合は、雑菌やウイルス等によるおりものの異常の他に性病が隠れている可能性も考えられます。
気になる方はお気軽に当クリニックまでご相談ください。

更年期障害

更年期とは、個人差はありますが、多くの女性が閉経を迎える50歳前後を挟んだ45~55歳頃までの約10年間のことを言います。
女性は30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が徐々に減少していきますが、更年期になると、その分泌量が急激に減少していきますので、体がその変化に対応することができずに、様々な不調を招くようになります。

この不調症状は個人差が大きく、その程度が非常に強い方から全く感じないほど弱い方まで様々ですが、日常生活に差し支えるような症状が現れた場合を一般に更年期障害と言います。更年障害の主な症状は次の通りです。

からだの症状

  • 体が重だるい
  • 立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせる
  • 動悸
  • 顔がほてる(ホットフラッシュ)
  • 手足の痺れ
  • 手足の冷え
  • 乳房の痛み
  • 大量の汗をかく
  • 関節の痛み
  • 体の痒み
  • むくみ
  • 皮膚や目、口の乾燥
  • 肩こり、腰痛
  • めまい
  • 頭痛、頭重感
  • 尿トラブル(頻尿、尿漏れ)
  • 性交痛
  • 抜け毛・薄毛 など

こころの症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安
  • うつ
  • 意欲の低下
  • もの忘れ など

症状に心当たりがあれば早めに検査を

更年期には多種多様な不調が現れますので、別の病気が隠れていたとしても、更年期障害の症状と思い込み、本当の疾患を見逃してしまうこともあります。
つまり、糖尿病、高血圧、心疾患、貧血、甲状腺疾患、悪性腫瘍、うつ病などが潜んでいる可能性もありますので、とにかく早めに医療機関へ相談するようにしてください。
少しでも「体調が悪い」と思われたら、ためらうことなくご受診ください。

更年期障害が疑われる場合は、現状でみられている諸症状、および血中の女性ホルモン量を調べる検査で診断を行います。
治療が必要と判断した場合は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与するホルモン補充療法(HRT)などを行う事もあります。

ピル外来

当クリニックでは、避妊や月経日移動のためのピル処方を積極的に行っていますのでお気軽にご相談ください。
72時間以内に飲まなければにならないとされる副作用の少ない緊急避妊薬もご用意しています。

低用量ピル(OC)

低用量ピル(OC:Oral Contraceptives)は正しく服用すれば、その避妊効果はほぼ100パーセントと言われています。
副作用が無いわけではありません(血栓症リスクが一番懸念される)ので、服用禁忌(服用してはいけない条件)に触れないかどうかは医師と相談しながら、慎重に処方しなければなりません。長期投薬をご希望される場合はその適応の有無についてもお気軽にご相談ください。
このほかにも、月経困難症、過多月経、子宮内膜症、不規則な月経周期などに対する治療効果が認められており、ほんの一部ではありますが、保険の適応が認められる場合もあります。

血栓症:血管内に生じた血液のかたまり(血栓)が突然、血管に詰まる疾患

月経移動

日常生活を快適に過ごすために、どうしても生理を避けたい期間があるかと思われます。
例えば、旅行、スポーツ、結婚式などのイベント時に生理が重なってしまうと、とても煩わしいと感じる方もいることでしょう。
そのような時はピルを飲むことで、生理日を移動させることが可能です。

特別な予定が入って、生理日を何日か移動させる事をご希望される方は、お早めにご相談ください。

東新宿駅前クリニック
●中澤院長による診療
●高橋理事長による診療
休診日:日・祝
※2019年より平日の最終受付時間は18:30となります。
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00
診療科目
泌尿器科 腎臓内科 性感染症内科 心療内科 婦人科
TEL
03-3203-5331
住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿7-27-12
コンフォリア東新宿ステーションフロント2F
アクセス
  • 東京メトロ副都心線
  • 都営大江戸線「東新宿」駅 B2出口 右手すぐ
  • JR「新大久保」駅 徒歩 10分
    「大久保」駅 北口 徒歩10分
    「新宿」駅 徒歩15分
  • 西武新宿線「西武新宿」駅 徒歩 10分
医院概要について印刷はこちら
このページの上へ